好きをあきらめない

他の多くの人がそうであるように、あなたにも、「大切なもの」はたくさんあることでしょう。
ひと言で「大切」といっても、実際に生活をするうえで必要という意味の「大切なもの」と、思い出が詰まっているという意味で「大切なもの」とがあることでしょう。
生活をしていくうえで大切なものは、できるだけそばに置いておかなければなりませんが、思い出の品や、小さい頃から集めてきたものなどは、生活のために必要なものを増やす妨げになる場合もありますし、周りの人にはその価値が理解されにくいこともあることでしょう。

それでも、それはあなたにとっては宝ものであり、この先も長くそばに置き続けたいものであることは変わりありません。
そして、そうした大切なものは、あなたにだけあるのではありません。
家族にもまたそうしたものはあり、その価値は、家族それぞれにしか理解できないものでもあるのです。

ですから、暮らしている家の中には、生活のための大切なものから置くことにして、それぞれが大切にしている、心に関わる品物については、トランクルームを借りて預けることがお勧めです。
トランクルームは、そもそもは「物置代わり」として開発されたレンタルシステムですが、近年は、そうした一時的に使わない物を収納しておくという目的だけでなく、自宅で保管するには手間がかかる物や、趣味の作品を保管するための場所としても利用される機会が増えています。

もちろん、思い出の品々を収納したり、家族にはなかなか理解されない自分の「好き」を収納したりする場所としても人気が出てきており、スペースの広さや備えられている設備の内容など、選べる幅が広がってきていることからも、「第二の自室」として利用する人が増えているのです。
また、自宅ではなかなか付けることができないセキュリティがしっかりしていることも、人気の理由のひとつかもしれません。

人生が長くなればなるほど大切なものは増えてゆきますし、その取捨選択は難しくもなってゆきます。
潔く捨てることを褒める気風も世間にはありますが、好きなものをあきらめたり捨てたりすることは心に負担を強いるだけでなく、その後の人生の潤いにも関わってくるので、専用の保管場所を作ることで、生活と分けてあげることが大切なのです。
そうすることで、家からはデッドスペースがなくなり、心にはゆとりが生まれるのです。
好きをあきらめることなく、家族との和も図れるのだとしたら、利用してみる価値はあるのではないでしょうか。